知っておきたい総量規制

消費者金融は貸金業であり、貸金業法に基づいています。
私たちが利用するときには知っておかなければならない貸金業の法律もいくつかありますが、総量規制についても覚えておきましょう。
知っておかなければならないというものでもありません。
ただ、知識として頭の片隅に入れておきたい情報です。
総量規制は個人が消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など貸金業から借入ができる金額を制限しているものです。
個人が貸金業から借入ができる総額は年収の3分の1までと決められています。
今回希望している借り入れ金額も、総量規制に抵触していないのかといえばそうではありません。
例えばサラリーマンの平均年収として350万年から400万円というデータがありますが、年収が360万円であればその3分の1である120万円が消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠から借入ができる総額の上限になるということになります。
ただし、初めての申し込みでその消費者金融からの融資限度額が120万円に設定されることはありません。
審査があり、これまで一切の取引を行ったことがない一個人に対して120万円を貸し付けられるかといえばそうではありません。
消費者金融の初回融資限度額は15万円から20万円ほどとなっていますので5社程度から借り入れをしてようやく総量規制の上限に達するかどうかというところでしょう。
ただし総量規制があることで、個人の融資限度額は厳しくなっていることは確かです。
事実、2010年の総量規制施行前には消費者金融の個人への初回融資限度額は30万円前後となっていました。
現在はそのおよそ半分程度になっているということです。
借り入れ件数が増えることで総量規制に抵触する可能性が出てきます。
各社総量規制を考えて慎重に融資限度額を決定していることでしょう。
総量規制では個人の年収の3分の1という上限を設けているため、借り入れ金額によっては収入を証明しなくてはなりません。
・1社からの借入金額や借入希望金額が50万円を超える場合
・すべての貸金業からの借り入れ金額が100万円を超える場合
このときに収入証明書類の提出が求められます。
新規申し込み時だけではなく利用中でも他社からの借り入れ金額が増えるなど状況が変われば収入証明書類の提出を求められることになります。
総量規制は多重債務を防止するために作られた法律ではありますが、完全な抑止力があるわけではありません。
年収360万円で120万円が借り入れ上限となればその上限に達するまでには複数社からの借入が必要になります。
総量規制があるために多重債務にはならないのではなく、やはり個人の借り入れに対する意識によるものと考えておくべきでしょう。

消費者金融申込み前におすすめのお試し診断

わずか数秒で審査通過の可能性の有無を判断してくれる消費者金融の「お試し診断ツール」は、審査結果に不安を抱いている方におすすめのツールです。既にいくつかの消費者金融では公式ホームページにお試し診断ツールを導入しているので、利用先候補の消費者金融にお試し診断ツールがある場合、利用し確認すると良いでしょう。

お試し診断に入力する項目や内容については、消費者金融・金融商品によって多少違いがありますが、入力項目はそれほど多くありません。

例えば、プロミスには、生年月日と年収、現在の他社借入れ金額とわずか3項目入力するだけで融資通過の可能性があるか否かを確認できる「3秒診断」があります。また、プロミスには、3秒診断とは別に自動審査により最短1秒で回答をえられるツールもあります。こちらは、正式な申込みとなるので、入力項目も一般的な消費者金融への申込書の項目同様、基本情報など入力しなければなりませんが、自動審査を無事通過することができれば、そのまま本審査に進むことができます。

自動審査を利用すれば、自動審査の段階で可能性ではなく、融資してもらえるかどうかを確認することができます。限度額が設定されるのは本審査の結果を待たなければなりませんが、融資可能か否かについてはすぐに結果を受取ることができるので、万が一ダメでも本審査の結果を待つことなく他社を検討することができます。審査通過できるかすぐに結果を知りたい方は、活用するといいでしょう。

関連記事